• 渋沢駅徒歩3分のすこやか整体院紹介
    渋沢駅徒歩3分のすこやか整体院紹介

頭痛

   

e2613a33751bf78d561d51e98e662013_s

頭痛はなぜ起こる?

1.血管
頭の血管が拡張して炎症を起こすと、まわりの神経が刺激されて頭痛が起こるといわれています。

2. 筋肉
頭や首まわりの筋肉のコリや精神的な緊張から神経の締め付けや血管の締め付けなどによって起こるといわれています。

3.脳
病的な症状などが原因となります。

4.その他
目や鼻の病気によるのもの・更年期障害によっても起こります。
日常的なものとしてはたとえば風邪、二日酔い、アイスクリームを食べたときの頭痛です。

頭痛の種類

日本全国で頭痛に悩む方は3000万人(日本人の4分の1)といわれています。

日常生活で慢性的に感じる頭痛の多くは、
1.緊張性頭痛
2.片頭痛(偏頭痛)
3.群発性頭痛
などです。

1.緊張性頭痛は、頭痛の原因の7~8割を占めています。
肩や首の後ろの筋肉が緊張することで頭の後ろの神経が圧迫されたり、
筋肉からの関連痛などによって、重だるくて頭が締め付けられるような頭痛です。稀に吐き気も感じます。

2.片頭痛(偏頭痛)は、頭痛の原因の2割前後を占め、比較的女性に多いです。
収縮していた血管が拡張することによって起こる頭痛です。
片方のこめかみだけでなく、両側感じることもあります。
特に朝感じることが多く、4~72時間程度持続します。
症状がひどい時は、吐き気やめまいを感じてしまい、大変生活を制限してしまいます。

3.群発性頭痛はぐっと少なく成人の1万人に1人程度で、比較的男性に多いです。
いったん起こり始めると1~2ヵ月間の間、連日のように群発するのが特徴です。
頭痛がある期間、毎日のように、片目のあたりに起こるのです。
たまらない痛さです。しかし持続時間は1~2時間と短いのが特徴です。

頭痛が起きたら?

まず長い期間、偏頭痛でお悩みの方は、一度脳神経外科に行かれることをお勧めします。
何らかの病気が原因で頭痛が起きている場合も、まれにあるためです。
検査の結果異常なし、しかし頭痛はつらい・・・
という方に当院の整体は一つの選択肢となると思います。

「頭痛がひどくて仕事にならない!」「休日なのに頭が痛くて休めない!」・・・という方、
そんな時に鎮痛剤を飲んでごまかしていませんか?
筋肉や関節が原因の頭痛であれば薬を飲まなくても筋肉の緊張を緩和したり、
体のバランスを調整していけば、症状を根本から改善させる事が出来ます。

鎮痛剤は対症療法と言って、痛みを一時的に取り除くだけですので根本的な治療にならず、
長期間頭痛を引きずってしまうことになります。
しかも薬に対して抵抗力がついてきますので、徐々に効かなくなり量を多くしなければなりません。

そんな方は一度整体での受診をお勧めします

自分で出来る頭痛対策

ここでは特に簡単に自分でできる頭痛対策ポイントを紹介します。

◎緊張型頭痛の場合
うつむきにならない・姿勢を正す。
枕が高すぎていないか、硬すぎるものもよくない。
頭痛や肩こりの原因となっている筋肉を、温めたり、マッサージ。
目の酷使を避ける。

また、緊張が上半身に集まりすぎているため、
下半身を適度に使うウォーキングなどもオススメです。

◎偏頭痛の場合
ひと寝入りする。椅子にかけて安静にする。
拡張した血管の部分を冷やす。
アルコールを飲みすぎない。
規則正しい生活をする。寝不足、眠りすぎを避ける。

整体で頭痛にアプローチ

緊張性頭痛では後頭部から首にかけての部分(後頭下三角)が、
必要以上に緊張してしまい、しかもそれが持続することで頭痛が発生します。

そこには脳へつながる動脈や、後頭部へつながる神経が通っているので、
ここがこってくるとその中の動脈や神経が圧迫を受けることになり、
結果として脳に血液がスムーズに供給がおこなわれなくなります。

つまり、筋肉の緊張が持続することで、血管や神経を圧迫し、
脳が血流不足になったり、脳に酸素が足りなくなる悪循環が続き、頭痛が引き起こされるのです。

当院の整体施術ではその循環をスムーズにして症状を改善するのはもちろん、
全身の筋肉や骨格のバランスを整え、根本的に緊張を起こりにくくします。

 - 健康情報 , , , ,