• 渋沢駅徒歩3分のすこやか整体院紹介
    渋沢駅徒歩3分のすこやか整体院紹介

足底筋膜炎

   

足底筋膜炎

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜とも。以降、足底筋膜に表記統一する)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。

足底筋膜炎―Wikipedia

足底筋膜炎

足底筋膜炎は主に40~50歳代以上で発症しますが、若い世代でもスポーツをやられている方に多くみられます。
すこやか整体院にも足底筋膜炎の症状の方がよく来られます。

足底筋膜炎の症状

症状は足裏の痛みです。足をつけないほど痛くなることもあります。
主にランニングやジャンプなどで使いすぎると足底筋膜が炎症を起こし、痛みになります。

足底筋膜炎でやらないほうがよいこと

〇冷やす・アイシング
冷やすことで足底の筋肉を固くしてしまう可能性があります。

〇患部への直接のマッサージ
痛みがある場所への直接のマッサージは痛みが悪化する可能性があります。

〇足底板・中敷き
一時期楽になるかもしれませんが、直接の改善にはつながりにくいです。
足底筋膜炎・ランニング

整体で足底筋膜炎の改善

足底筋膜炎はそもそも足のバランス・アーチが崩れ、足が疲れやすい状況になっていることから発生します。
当院では足のアーチ・足首・ひざ下・股関節のゆがみを矯正し、足底筋膜炎を改善していきます。

 - 健康情報 , , , , , , ,